ホーム > その悩み。解決します! > その他、締結方法にお困りの方は

その他、締結方法にお困りの方は

省スペース設計・軽量化を実現したい 軸力を維持して、ボルトサイズをダウン

高強度ボルト

詳細

  • ・ 優れた遅れ破壊性によりねじのサイズダウンが可能
  • ・ 10Tクラスの耐遅れ破壊性を確保した13Tボルトの実用化に成功

写真:高強度ボルト

←前のページに戻る

コストダウンを実現したい 共廻り止め座付きボルトを使用していませんか?

タフフランジボルト

詳細

  • ・ 頭部への負荷が大きい締結構造でも、フランジの変形を抑制
  • ・ 波形フランジ形状により、つば厚形状と剛性性能同等以上でコスト低減が可能

写真:タフフランジボルト

共廻り防止ボルト(ワンサイドファスニング)

詳細

  • ・ 専用ソケットでボルトの共廻りを防止することにより、廻り止め金具を廃止することができ、コストを低減
  • ・ 締付けによる反力を解消

写真:共廻り防止ボルト(ワンサイドファスニング)

←前のページに戻る

ネットシェイプ化したい

精密冷間鍛造品

詳細

  • ・ ガイド分のスペースが取れない場所への対策品
  • ・ 6°以内の斜め組付けであれば、ねじ入口30°の斜め案内で雌ねじを誘導し正常締結
  • ・ ガイドレスのため軽量化を実現。

写真:精密冷間鍛造品

大型フォーマ品

詳細

  • ・ Ø45、全長100mm中空品加工可能
  • ・ ネットシェイプ・ニアネットシェイプに挑戦し、ベスト形状を提案

写真:大型フォーマ品

←前のページに戻る

▲ページのトップへ